あしたへの種、育てていますか【アシタネプロジェクト】

代表プロフィールprofile

ホーム > 代表プロフィール

プロフィール

仕事と地域づくり活動を両立して40年

 1959年生まれ。高校卒業後、県内の事業所にて営業から製造、管理部門に従事し、新規事業の立ち上げや拠点開設に尽力。36年間勤務後、就労支援機関に転職。一方、40年以上続ける社会貢献活動の期間中、1983年総務庁(元総理府)の青年の船でオセアニア4ヶ国に3ヶ月派遣、また日本青年会議所より1993年「TOYP大賞(傑出した若者に贈る賞)」、2006年、ロータリークラブより「優良従業員賞」を受賞。2014年に(一財)社会通信教育協会より「学びの達人・遊びの達人」称号認証。

これまでの足跡
 
第1回のべおかふくしコンサート  国際障害者年である1981年、第1回のべおかふくしコンサートに参加。当時21歳だった私は、運命を変える出会いがあっただけでなく多くの人生の先輩と知り合い、人として大切なことを学びました。以降7年間舞台に立ちつつ裏方としても協力しました。
第17回青年の船  1983年に私が参加した青年の船は、307名の団員を乗せ50日間にわたり、オーストラリア・ニュージーランド・トンガ王国・西サモアを訪問。船内で生活を共にした訪問国青年達と、言語・宗教・民族を越えた人間的共感によって結ばれたことも、この船ならではの成果でした。
ローターアクトクラブ世界大会  19歳より、10年間在籍したローターアクトクラブで、地域づくりやボランティア活動、人材育成などの活動をおこないました。職域を越えた友人、知人、多くのロータリの方々などとのご縁ができました。(写真は、1986年ロンドン世界大会より)
みどりの音楽祭  20歳の夏、東京で緑の中で聞いたクラッシックの演奏会に感激し、10年後地元での演奏会を実現。この「みどりの音楽祭」は、1990年より7年間にわたり開催しました。私の左隣の女性は、人生の師でもある大神のりえさん。
講演風景  1998年、地域づくり活動を通して身に付けたIT技術を会社の新規事業として提案し採用。新たな業務革新につながりました。写真は、宮崎県異業種交流会での活動事例の紹介の様子。
九州沖縄音楽祭  40歳以降は役職も上がり職場に360日勤務する程、ワーカホリックだった私。自分らしさを取り戻すために、再び音楽活動を再開。コンテストにも挑戦しました。
産業カウンセラー協会  人の話がしっかり聞ける人になりたいと「産業カウンセラー」資格に挑戦。その後、学びを深めるため、3年間をかけて上位資格であるシニア産業カウンセラーを取得。写真は、尊敬する(一社)日本産業カウンセラー 安藤一重前会長との2015年沖縄大会でのツーショット。
橋の日実行委員会  26歳から参加している「橋の日」活動。1990年から宮崎「橋の日」実行委員会事務局を預かっています。2018年2月14日河野俊嗣宮崎県知事より、多年にわたる同団体の社会貢献活動に対して、明日のみやざきづくり表彰状をいただきました。
l>