あしたのたね、育てていますか【アシタネプロジェクト】

活動報告activity report

ホーム > 活動報告

ホームページ制作支援

延岡市体育協会様

2018年4月~2019年3月

新たにホームページ開設にあたり、制作から更新についての支援を行いました。開設までスケジュール、オリジナルドメインの提案、レンタルサーバー、更新管理についてご提案の他、管理について研修も実施しました。そして、3月29日(金)ホームページが開設されました。

・延岡市体育協会様のホームページ
http://nobeoka-sports.jp/


延岡市体育協会ホームページトップページ画面

(ホームページの画面)

(ご提案したこと)
・頻繁に案内する情報などは、即、誰にでも簡単に公開できるよう「ワードプレス」の導入
・スマートフォンにも対応したページを制作
・事務局にて、ホームページ更新管理ができるよう研修会の企画


延岡市体育協会スマートフォンの画面

(スマートフォンの画面)

(お客様の声)
 数年前から、HPの開設に向けて検討をしていたところ、アシタネプロジェクトさんを紹介され、全てお任せし、平成31年3月29日に開設しました。
 最初の説明の時から私たち(職員3名)で出来るのかと心配でした。質問や操作の仕方等とても親切で丁寧な研修を2日間して頂きました。
新着情報の作成・HPの作成概要等をその研修で不安を少し取り除くことができました。
 まだ、生まれたばかりのHPです。これから徐々に育てていかなくてはなりません。これからも、アシタネプロジェクトさんにお世話になる事になるでしょう。「何かあったらいつでもどうぞ」と心強いお言葉を頂きました。少しずつ進化させ、独り立ちしたHPを観てもらいたいです。

スキルアップセミナー

パソコンを効率的につかう7つの操作術

□日時:平成31年3月21日(水)13:30~15:30 □会場:宮崎県NPO・協働支援センター

本セミナーは、日頃生活の一部としてパソコンを利用している方のスキルアップを図るために計画しました。当初は20名の予定でしたが参加者が少人数でしたので、受講者の皆さんがそれぞれご自身のパソコンを持参しカリキュラムに沿って操作をしながら進めていく形式に変更しました。


今回、セミナーに取り掛かってみるとウィンドウズのOSのバージョンの違いにより(今回は7と10)操作が違いやブラウザーごとの操作性の違いなど、テキストだけではわからないことが散見されました。


従って、テキストだけではわからない問題や実際にパソコンを利用する際に直面する課題などは、ノートパソコンを持ち込み実際に取り組んでことでかなりの部分が解消されることが今回実施してわかりました。 次回より少人数で、パソコンの環境に即したカリキュラムが組めるよう準備したいと思います。

デスクトップの整理
(アンケートより)
・いつも使っているパソコンを上手く使うことを考えていませんでした。色々なやり方があるのですね。また教えてください。(Aさん)
・自分のパソコンを使って、ていねいにご指導いただき、とても勉強になりました。これまでパソコンの処理の仕方の範囲でしたが、使っていなかったので「また一歩進めていきたい」と思い受講しました。新しいことに挑戦していきたい。(Bさん)
・テキストがわかり易かった。(Cさん)

地域づくり団体応援企画

古墳と歴史でまちづくりin国富

□日時:平成31年2月23日(水)13:00~16:30 □交流プラザくにとみ屋

国富町「くにとみ歴史・文化ガイドの会」応援企画
古墳と歴史でまちづくりin国富

2月23日(土)宮崎県国富町にて、「古墳と歴史でまちづくりin国富」を開催しました。主催は、宮崎県地域づくりネットワーク宮崎・東諸県ブロック会議。私は同行事の企画・運営係として、昨年10月より携わってきました。また当日は私と宮崎県NPO活動支援センターのKさん、Kさんの友人Nさんの3名で運営しました。

この行事には地元国富町の他、宮崎市、延岡市、また留学生を含め15名が参加。また小学生から89歳までと幅広い年齢構成でした。開会式後、古墳と史跡を訪ねて90分の町巡り、休憩を兼ねた地元のお菓子「白玉饅頭の試食」、そしてワールドカフェを行いました。ワールドカフェでは4つのグループに分かれ、「史跡・文化ガイドをより魅力的にするには」のテーマで、意見を述べ合いました。

ワールドカフェの様子

ワールドカフェのグループ発表では、各グループとも違った視点で町巡りのことを捉えていたのが印象的でした。それではこのワールドカフェで出された意見をいくつか紹介します。
  • くにとみ屋屋上からの古墳の眺めはとても良いビューポイントだと思います。
  • 古墳と共存した町は大きな特徴なのでもっとアピールしましょう。
  • 古墳が発見されたエピソードも面白いので、古墳と一緒に紹介して欲しい。
  • 特産の「竹」を生かして工芸品や料理、風景と一緒に売り出しては・・
  • 町並みがキレイ、古墳の管理も行き届いているのでPRしましょう。
  • 桜やしゃくなげなどの花の見頃に合わせて、ウォーキングをしてはどうでしょうか
  • 歴史遺産が町中に集中し、歩いて行けるところが魅力。散歩コースにもなります。
  • 宮崎大学には200名の留学生がおり紹介したい。
  • 途中休憩できるイスが欲しい、気軽に立ち寄れ人と会話できるスペースがあったらいいと思う。
  • 写真や小物をつかって説明してくださるので、親しみが持てる
  • 地下式古墳の中を見ることができ、また古墳の種類がたくさんあることを知った。
  • 白玉饅頭がこんなに美味しいとは思わなかった
    ・・・などの意見が寄せられました。一方、くにとみ史跡・文化ガイドの会の方々も、今後の活動にぜひ生かしたいとの感想をいただきました。

自主企画セミナーを開催しました。

自分らしく生きる!40歳からはじめるキャリアのつくり方

第1回 自主開催セミナー
□日時:平成31年1月23日(水)19:00~21:00 □みやざきNPO・協働支援センター

ライフキャリアデザインに取り組む意義と価値、作成プロセスへの理解を深めながら、長期的なキャリアプランの作成ができるようお話しました。

40歳からはじめるキャリアのつくり方

皆さんからいただいたご意見(一部抜粋)
  • 自分が漠然と引っかかっていた将来について現実的に考えられる時間が持ってて良かった。年代的に同じ悩みを持つ人が多くて当たり前かと思うと気が楽になったと同時に、早めに何かに取り組むタイミングだと自分のこととして受け止められました。(40代女性)
  • 自分の想像するキャリアがとても身近に感じられました。自分のやりたいこと、自分のできることを再認識することができました。(40代女性)
  • 現在、求職中でちょうど寄り道しているところなので、プランの作成など今、頭の中にあることを整理する機会になりました。講師のお話も楽しく聞きやすく勉強になりました。参加して良かったです。(40代女性)
  • セミナーの長さはちょうど良かったですが、途中休憩を入れていただけたら良かったかなと思います。内容はわかりやすく、テキストも立派で無料に驚きました。慣れてきたらワークの(情報交換)時間もあったら良いかと思います。久しぶりにライフプランを作成したのですが、漠然としか考えていない自分に気がつきました。お蔭で考える機会ができたことで刺激になりました(50代女性)
  • ご自身の体験を話しながら進められたのでわかりやすかったです。又、身近に感じて自分の人生や経験を重ねながら学びました(50代男性)
40歳からはじめるキャリアのつくり方テキスト

災害への日頃の備えについて

介護者のいる家庭に必要な備えとは?

□大淀地区「家族介護者のつどい」
□日時:平成30年12月12日(水)9:30~11:30 □会場:宮崎市総合福祉保健センター

介護者のいる家庭やこれから介護をされる方、家族の介護に興味のある方を対象として、自然災害などへの日頃の備えについて、お話やミニゲームを通して考えていただく時間をつくりました。

参加者からは、新聞やラップが軽くて被災時には役に立ちますとの提案もいただくなど、防災への認識を高めたセミナーとなりました。

防災研修

オリジナルゲームで、被災時の持出し品を確認しました。また、防災士の立場からさまざまな情報提供もおこないました。

アシタネプロジェクトブログ
宮崎県地域づくり協議会
宮崎市市民活動センター