あしたへの種、育てていますか【アシタネプロジェクト】

アシタネプロジェクトとはabout

ホーム > アシタネプロジェクトとは

シンボルマークへの思い

人がより良く生きるための「タネ」を蒔き、育て、見守ることで、
人や社会が躍動していくことを願い、マークをつくりました。

「タネ」を支える手と楽しく踊っている人のイメージを重ねています。
Design:Hiroshi Tsuruha

活動を始めたきっかけ

 人生の転機を迎えた40代の事です。馬車馬のように働いてきた私はある日、ふと気付くと、大切なものを犠牲にして生きていることや、役割の変化などによるさまざまな困難を経験しました。

 悩み抜いた末、3つのことを実行することにしました。それは、毎朝1時間を学びの時間に充てること、意識して自身を磨くこと、自分らしく生きることです。

 それから数年後、人生が好転し自分自身がなすべきことが見えてきました。それは、働く人たちのために、自分らしい生き方(キャリア)の意識を高め、よりよく生きる力を身につけるための支援です。そして、そのためには自らの努力だけではなく、支援者による働く環境への働きかけも欠かせません。

 理想の実現にはさまざまな葛藤を伴いますが、ちょっとしたきっかけで意識や考え方が変わり、建設的にこれからの自分を生きることができると信じています。そんなきっかけこそが「あしたのタネ」であり、そのタネを皆さんと見つけていく、そして育てていくお手伝いをしたいと願っています。

鶴羽 浩 アシタネプロジェクト 代表 鶴羽 浩
国家資格キャリアコンサルタント、シニア産業カウンセラー、生涯学習コーディネーター


目指すもの

アシタネプロジェクトのミッション

わたしたちは、人材育成・能力開発・キャリア形成の支援、および働く人をめぐる組織と環境の調整、コミュニティの活性化、日常生活の課題解決に寄与し、人々が信頼と安心の絆で結ばれる社会づくりに貢献します。

大切にしたいこと

  1. 信用第一
  2. 人と人、人と組織との架け橋になります
  3. 活動を通して、ぬくもりのある豊かな社会づくりを目指します
  4. 新しい価値を創造します
  5. 支援員は常に自己研鑽を怠らない